FC2ブログ
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


平成23年11月に
MC works'カスタムロッド
REAL FUSION 612LRを注文

本日,代理店[フィード(広島)]の堀江店長から
「ロッドが仕上がってきましたよ」と連絡があった

仕上がりまでにかなりの時間を要することは,承知の上で頼んだが
資材の入荷の遅れでおよそ1年半もかかってしまった

早速,ロッドを取りに行って来た

以下,これからMCロッドカスタマイズを検討中の方のために

①ラッピング パターン
「1番」を選択
詳細はMC works HPを参照のこと
http://www.mcworks.jp/rods/ordersys/rodsimu.html

②Medusa(MCW)ロゴカラー&スレッドカラー
スレッドカラー:ブラック
ロゴカラー:シルバー
DSC02816.jpg

③モデル(スペック)ロゴカラー&スレッドカラー
スレッドカラー:シルバー
ロゴカラー:ブラック
DSC02799.jpg

④ガイド周辺のスレッドカラー
Aオーバーラッピング:ブラック
Bオーバーラッピング:シルバー
Cリング:9005 PEWTER
Dセンターリング:シルバー
詳細はMC works HPを参照のこと
http://www.mcworks.jp/rods/ordersys/rodsimu.html
DSC02821.jpg

リールシートはアップロック式(標準)
リールシートフードカラー:ガンメタリック
DSC02815.jpg

⑤エンジェル(メドゥーサ)ロゴの追加
NB592SSとお揃いで
DSC02810.jpg

右の赤いやつが今まで愛用してきたゼニス スキュラ CS-X56SM
左が新調したMC works' REAL FUSION 612LR
DSC02824.jpg
見た目かなり細身ですがパワーはあるみたい
体感してないので何とも言えませんが・・・

(参考)MCからのアピール記事
633LRを更に低反発化した究極のローレスポンスモデルが612LR。
このロッドは、一般的なアングラーには、市場によくある小物用ライトロッドとしか認識できないほどのスリム&ライトウェイトスペックを特徴としている。
しかしこのロッドのリフティングポテンシャルはそういった表層には現れない所にある。
ローレスポンスロッドのファイト理論をマスターしたアングラーが上手にバットパワーを引き出すことで、オオマサクラスをリフトできる恐るべきポテンシャルを備えている。
食わせからファイトに至る、ローレスポンス理論に基づく新世代ジギングロッド、REAL FUSIONシリーズのひとつの究極姿がここにある。

低反発のためジグが動き過ぎないため,喰いの渋い魚に効きそうです
なにより体力消耗を抑えてくれそう

これからのイカナゴパターンに活かせるといいのだが・・・

いつも応援ありがとうございます。
ひきつづき応援のポチっをお願いしますm(_ _)m
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 釣りブログ ジギングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


この記事へコメントする















むっちょこウータン

Author:むっちょこウータン
性別♂
生年月日:1970年式
血液型:A型
広島県在住

ご訪問ありがとうございます♪   むっちょこの釣り日誌にようこそ! オフショアは安芸灘,伊予灘で♪ ショアは,とびしま方面で遊んでます♪
↓1日1回の応援クリックお願いします
QR

ジオターゲティング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。