*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


7月26日(金)
M氏と久しぶりのオカッパリに

いつものとびしま方面へ

狙いはアコウ

夜中が時合いということで
それまで某波止でタチウオを狙って時合い待ち

結果は激シブ
2.5~3フィンガーが2本
DSC03275.jpg

時合い前になり,アコウポイントに

今日こそはと思いながら探っていくが
そう簡単にはアタッてくれない

潮が完全に止まり,そろそろと思った瞬間・・・
M氏から「キタキタ」との声が

急いでタモを持って行き,ランディング

30クラスであるが価値ある一匹
DSC03272.jpg
[バークレイ カスミクロー]

アコウing
自分が釣ったわけではありませんが
いつも興奮させられます

自分も続きたかったですが,下げの潮が効きだし激流に・・・

THE END

今回も自分は運がなかったですが
M氏に釣れて,久しぶりにオカッパリでの
アコウが見れて良かった

夏になり日中は,茹だるような暑さですが
この夜は涼しくとても快適でした

これからは夜釣りのもんですな



スポンサーサイト

7月12日(金)

広島県竹原市から出船している
中吉丸さんで出撃して来ました

仲間内5人に1人プラスの6人の乗り合いで

狙いは中潮という潮回りから
青物を狙いに

午前中は各ポイントを回るも
異常なし

昼から青物を狙いに

ポイントに着くとヤズが
所々でナブラっている

一気に皆のテンションがUP

しかしシラスナブラ
かなりしわい(広島弁:きびしい・むずかしい)

そんな中,なんとか掛けるも
ランディング際で痛恨のバラシ

バイトパターンは,プラグをキャストして
海面をスキッピングしてタダ巻きで引いてくる感じ

リトリーブスピードは,最初は見切られないように
高速でリトリーブしていたが,中速に変えてからのヒットでした

キモはリトリーブスピードにあったような・・・

リトリーブスピードを中速に変えてからは,バイト数は増えたが
喰いが浅いのか,即バレル

なんとか3本ゲット
船長から「このナブラでよく取れましたね」と褒めていただきましたが
自分的には,まだまだ勉強・経験不足だと痛感

この経験を次回に活かしたい

今回は,かなりしわいシラスナブラでしたが
時にスイッチが入るとイイ感じにバイトしてくれることも
尻から丸飲みです
DSC03249.jpg

当たりプラグ
スミス ドラゴンサラナ
DSC03255.jpg

バイト痕がクッキリと
勲章入りです
しかしヤズくらいのバイトで塗装が剥げてしまっては・・・・
DSC03256.jpg

時間も無いことから,青物をほどほどにして切り上げ
を狙いに

しかし鯛も厳しい状況
自分,アタリは頻繁にあるもののフッキングまで持ち込めない

アタリの出方は,
ゴンゴンと2,3度引っ張っては放してしまったり・・・
かなり上までゴンゴンと引っ張って来て,
もうフッキング出来ていると思っても,フッキングしていなかったり・・・

そんなアタリを全部拾っていれば,2桁はいってたんじゃないかな・・・。

船長は「この時期は,こんな当たり方が多いんですよ」と
慰めてくれたが,まだまだだなと思う自分

そんなこんなで18時に終了

今回の6人での釣果
メジロ(ジギング&鯛ラバ),鯛,ヤズ,サバ
DSC03253.jpg

自分の釣果
鯛40cm,ヤズ50~55cm×3本(内1本はY山氏へお裾分け)
DSC03254.jpg

定番の刺身
ヤズはエサをよく喰っていて,脂の乗りも良かったです
鯛は皆さんが思っているとおりです
DSC03263.jpg

鯛は鯛飯にも
言うことなしです
DSC03266.jpg

今回は皆,納得いってなさそうだったので
帰り際に即,8月の予約をして帰りました

参加された皆さん,暑い中,お疲れ様でした。
今回の経験・うっぷんを次回にブチまけて下さい

中村船長,いつもより長く頑張っていただきありがとうございました

いつも応援ありがとうございます。
ひきつづき応援のポチっをお願いしますm(_ _)m
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 釣りブログ ジギングへ
にほんブログ村

自分,鯛ラバと言えば
J社のBB玉を愛用している

・・・が
フックが非常に弱いんですよねぇ~

使い始めたころは,知らずにそのまま使っていたが
よく伸ばされたりしていた

だからいつも自分で
アシストフックを作成し使っている。

皆さんも既にやってることかもしれませんが
参考に自作方法を記事にしてみます

必要な材料等は下記のとおり
シーハンターは,ハリスのコシをもたせるため
10号を使用している
8号あたりでも問題ないと思いますが・・・お好みでどうぞ
ニードルは,手順⑫~⑬のハリスを結びこむときにあると
重宝しますよ
鯛ラバフック1

自作にあたっては,鯛の超堅い口を貫通するほどの
非常に鋭利な針を使うことから,自分は怪我をしないためにも
ペンチを使用するようにしています
あくまで自作は,自己責任でお願い致しまする
鯛ラバフック2

お好みの針とハリスを準備
ハリスの長さは,お好みの長さに合わせて調整してみてください
鯛ラバフック3

針軸にハリスを沿えて写真のように輪っかを作る
鯛ラバフック4

ハリス先端を針軸に沿わせる
鯛ラバフック5

輪っかのの部分を使って
針先をくぐらせながらを一緒に針軸に巻きつけて行く
鯛ラバフック6

針軸に3回,巻きつける
鯛ラバフック7

結び目の並びを整えながら,少しずつ締め込んでいく
鯛ラバフック8

ハリスの両端をペンチで挟んで本締めする
鯛ラバフック9

本線を引っ張りながら針耳に結び目を寄せる
このときも安全のためペンチを使用します
鯛ラバフック10

もう一度,ハリスの両端をペンチで挟んで本締めする
鯛ラバフック11

締め込む時は,ハリスがチモトの内側にくるように
 針を結ぶ時の基本ですね
鯛ラバフック12

ハリスの反対側も同様に結ぶ
鯛ラバフック13

純正品に習って段差をつけてハリスを結ぶ
鯛ラバフック14

フックポイントを下げないため
ハリスの長さは10号をロングに,12号をショートにしている
鯛ラバフック15

ペンチを使って結び目をゆっくり締め込む
鯛ラバフック16

交互に針を変えながら徐々に締め込む
片方を一気に締め込むと,ハリスの長さのバランスが崩れるよ
鯛ラバフック17

ハリスの余分な部分をニッパーでカットする
鯛ラバフック18

出来上がり
鯛ラバフック19

これで釣れるとなお,嬉し楽し
皆さんも釣行日まで,作り込んでみてはどうですか
楽しみが増えますよ

くれぐれも魚を掛ける前に
自分の手を引っ掛けないように注意してくださいね

いつも応援ありがとうございます。
ひきつづき応援のポチっをお願いしますm(_ _)m
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

むっちょこウータン

Author:むっちょこウータン
性別♂
生年月日:1970年式
血液型:A型
広島県在住

ご訪問ありがとうございます♪   むっちょこの釣り日誌にようこそ! オフショアは安芸灘,伊予灘で♪ ショアは,とびしま方面で遊んでます♪
↓1日1回の応援クリックお願いします
QR

ジオターゲティング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。