*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

次回の鯛ラバ釣行に備えて
釣具屋を物色に

これまで鯛ラバと言えば他のメーカの鯛ラバには,目もくれず
ビンビン玉をコレクションしておりましたが・・・

しかし,ここ最近ビンビン玉以外に
よく釣れる鯛ラバがないのか気になってきた

できれば
コストパフォーマンスに優れたヤツが良いんだけど・・・。

鯛ラバーコーナーに行くと
いつもコーナーに設置されているモニターから
「ヨーシヨシヨシ」といった声が聞えてくる

皆さんも聞いたことないですかねえ

その鯛ラバの名は
ハヤブサさんの「フリースライド
フリースライド

誘導式」が売りのようです
誘導式のメリット

解説を聞いていると,なかなかよく考えられた鯛ラバと思った

ということでお試しに買ってみることに
できるだけビンビン玉にないカラーを選択してみることに

フリースライドSLコンプリートモデル[ヘッド:トリプルチャート,ラバー:海藻]
スラロームアクションするみたいです
DSC03198.jpg

取り出して見るとこんな感じ
DSC03204.jpg

玉に細工がしてあり,複雑な水流を発生させて
安定した泳ぎを実現させているみたい
DSC03208.jpg

この鯛ラバーは,玉とラバーが別売りされており,
オリジナル鯛ラバをセッティングできるようになっている
ということでオリジナルの鯛ラバを作ってみることに

玉20号(約75g)[col#9:ピンクパール]
DSC03201.jpg

ラバー[#7:オキアミ,フック:専用6号,ラバー:ピンクピンク]
DSC03199.jpg

自作するとこんな感じ
一応,それなりに纏まっているかな
DSC03202.jpg

釣れるかどうかは分かりませんが・・・

結果はまたの機会に

いつも応援ありがとうございます。
ひきつづき応援のポチっをお願いしますm(_ _)m
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

6月28日(金)
アコウを狙いにとびしま方面へ
久しぶりにM氏と行って来ました

自分,ショアからアコウを狙うのは
6月は,これが3度目の挑戦

今シーズン,いまだお目にかかれていない

今回,潮回りは中潮4日目
満潮が1:00とイイ感じ

しかし結果は,思うようにはいかず
カサゴが遊んでくれただけ
DSC03195.jpg
[バグアンツ ロックフィッシュインパクト(通称バグオレ)]

6月はにおわりましたが
7月は幻に終わらないようにしたいなぁ・・・

ポイント開拓が必要か・・・

M氏,遅くまでお疲れ様でした。
運転までしていただきありがとうございました。
また行きましょう

いつも応援ありがとうございます。
ひきつづき応援のポチっをお願いしますm(_ _)m
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

6月16日(日)
前回のつづきになります

6月14日(金)のオフショアでの自分の釣果は
メジロ70~73cmが2本とヤズ5本(内2本はH野氏におすそわけ
あと36cmのソイが1個でした。
渋い状況の中でしたのでヨシとしておきます
DSC03155.jpg

早速,帰って魚を捌くと同時にベイト考察

まずはヤズから
出てきたのは小さなイカナゴ
DSC03167.jpg

船長の話と釣れたパターンから推測したとおりのベイトでしたが
ベイトのサイズが小さいですな

ジグへの反応が悪かったのもそのせいかな・・・・

つづいてメジロを捌くと
DSC03172.jpg
丸々としていただけに胃袋も
パンパンになっていた

胃袋の中を出して見ると
イワシギッシリ
DSC03173.jpg

こいつは予想外でした。
船長もイワシの入りが悪いと言っていたし・・・

そんな状況から烏賊ベイトを意識したジグ(オレンジ金)と
早巻きストップで喰わせたことから,
お腹の中は烏賊が入っているとばかり思っていた。

しかしメジロ2本共にイワシを偏食していたのでびっくり
DSC03170.jpg

青物のベイトがイワシへ移行していることが確認できた

これからイワシを荒食いし出すとジグへの反応も良くなってくるはず
魚の体高も丸々に



以前,他のブログを見ていて
「ハマチの胃袋は,捨てるべからず」とあった。

それからハマチの胃袋が美味かったため
今回も食べてみた

調理方法は
①胃袋を外側内側ともにひっ繰り返しながら綺麗に洗う。
②そして0.5~1cm程度に切り刻む。
③フライパンに油を少々引いて,塩コショウで炒める。
④できあがり
DSC03183.jpg
食感はホルモン系でコリコリしてとても美味い

試してみる価値はあると思いますよ

あとソイはそのまま刺身にしようと思ったが
少し手を加えて松皮造り
DSC03187.jpg
皮は湯通ししているので柔らかく食べやすかったです。
身もしっかり,プリプリで美味かったですよ

今回のベイト考察から,
次回の青物に期待したいですね

赤物(鯛)も捨てがたい
どうしようかな・・・

いつも応援ありがとうございます。
ひきつづき応援のポチっをお願いしますm(_ _)m
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 釣りブログ ジギングへ
にほんブログ村

6月14日(金)
青物と赤物(鯛)を狙いにオフショア

広島の遊漁船
オーシャンさんで
DSC02781.jpg

乗り合い10名での出船

最近,夏日が続いているだけに
暑さは覚悟していたが,想像以上に暑かった

午前中,M氏が大ヤズと食べごろサイズの鯛をゲット
さすが仕事が早い,キレキレです

自分も大ヤズを掛けるも,取り込み際で痛恨のバラシ
ヤズだからその後も続くだろうと思って,に扱ってしまった

その後,全然続かず,後悔した次第・・・

その後,をメインにいろいろとポイント変わるも当たってこない
伊予灘は安芸灘と比較して鯛の個体数が少ないんでしょうかねぇ
出ればサイズは良いような気はするんですが・・・。

あるポイントでソイの団地(住処)に当たり
サイズの良いソイをゲット
36cmありました
DSC03178.jpg
[DUEL ソルティ・ベイト タコベイト改]

時間も15時になり,ヤバイ雰囲気が流れる中
ヤズの反応があるポイントへ

ベイトはイカナゴ
迷わずジグを交換
FINA FREEZE アピールチャート-120g
DSC03184.jpg
自分の中ではイカナゴパターンには良いような気がします

ジグカラーは
チャート系(蛍光黄色)・グリーン・茶色が良いような気が・・・

ここでイカナゴパターン
自分で思うメソッドについて記述してみる

①底から10m以内を狙う
②底付近を誘う(6回程シャクって食わなければ、また底を取り直す)
③着底後の最初のシャクリに集中する
④イカナゴの泳ぎをイメージする

ボトムを取ったあとの1,2シャクリ目で食ってる事が
多い様な気がすることから,ひたすら底を取り直し、
砂から飛び出す⇒砂に潜る⇒飛び出すといったイカナゴの泳ぎを演出
その合間に水平フォールを入れて食わせの間を取ると言った感じで誘う・・・こんな感じかな

そんな感じでヤズを5本ほど追加
船長が言うには反応はすごく出ているんだけど
魚が口を使ってくれない状況みたい

ヤズ,簡単なようで奥が深いヤツですね
ヤズが攻略できれば,青物マスターといっても
過言ではないかもしれないですね

そして最後に,周防大島は南端の情島の海峡を流してみることに

最近,メーター級のが上がっているだけに
ワクワクしながら流していると
早巻きストップ後にドンッ

早巻きストップ後にアタッてくると,釣った感があって
とても気持ちが良いです

ゴリゴリ巻き上げれるのでヤズかと思ったが
70cmのメジロサイズでした
DSC03154.jpg
[エバーグリーン カプリス(ゴールドオレンジ)-130g]

そして最後の一流しにもう1本
75cmのメジロを追加し終了としました。

最後のメジロは,よく引きました
前に鰤を釣ったことがありますが
その時よりも強い引きに感じられたことから
水温も上がり激流ポイントということもあって魚も元気で
1ランク上の引きになっているのかもしれないですね

あとMC works' RF612LRの完全入魂も無事完了です

今後は真夏日の釣りになりますので
こまめな水分補給と日焼け止めは忘れずに

日焼けで真っ赤かの超~ヒリヒリです

長文になってしまったので,いつものベイト考察は次回に・・・

いつも応援ありがとうございます。
ひきつづき応援のポチっをお願いしますm(_ _)m
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 釣りブログ ジギングへ
にほんブログ村




6月8日(土)
予定が多く,なかなか釣りに行けていない今日この頃

いつもは金曜日の夜には釣りに行くところであるが
この土曜日も朝早くから予定があり,行くことができなかった。

しかし,どうしても気になることがあり行って来ました

気になることとは,コイツで獲る魚
DSC03145.jpg
[SRC-762M-H Kizihata SP,スコーピオンDC7]

そう(アコウ)

釣ってる人は既に何本も獲られている
そんな話を聞くと釣りに行きたい虫が騒ぎだす

体はかなり疲れていたが,とびしま方面へ出撃

しかし結果は,ガシラのアタリが数回だけ・・・と撃沈
大潮のせいにでもしておきます

アコウは,こんな釣りと分かっているので
そんなに気にならない
むしろガシラのアタリを感じられただけでも
次へのイメージができたような気がします

土産なしに帰るのもなんなんで
久しぶりにメバルでも釣って帰ろうと思いポイントへ

終盤に差し掛かったメバルだが・・・

活性はすこぶる良い感じ

DSC03110.jpg
[アジリンガー「瀬戸内ちりめん」]

DSC03113.jpg
[アジリンガー「瀬戸内ちりめん」]

冬場のような啄ばむ感じではなく
ガッツリくわえ込んでくる感じ
フッキングも口の奥で掛っている

そして今回,湾内には新しいベイトが侵入していた
DSC03123.jpg
カメラの性能が悪く,上手く撮れていないが
白い光のようなものが,写っていると思います

正体は5cm程度のイワシ達の目
かなりの数,入って来ている

イワシを追って,いろいろなフィッシュイーター達も侵入

常夜灯付近には太刀魚やシーバスが,かなりの数いましたよ
ある波止では太刀魚がコンスタントに釣れているみたい

かなりの数がライズしており,狙うと簡単に釣れる
この日のシーバスは40cm程度ばかり
3匹獲ったが,すべてリリース
DSC03119.jpg
[アジリンガー「瀬戸内ちりめん」]

結果,食べる分だけ
20あるなしサイズを3つだけキープして終了
DSC03152.jpg

近日,オフショアへ青物を狙いに行く予定だが
船長に聞くと今年はイワシの入りが悪いらしい・・・

今回の湾内の状況から,
海の状況が良い方へ変わってくれると良いのだが・・・・。

いつも応援ありがとうございます。
ひきつづき応援のポチっをお願いしますm(_ _)m
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 釣りブログ メバリングへ
にほんブログ村

6月1日(土)
天気は午前中は曇り,午後から雨の予報

ということで,午前中勝負で家族サービスを決行

以前にも行ったことのある
広島県は山県郡安芸太田町加計で
この時期に開催される「かえる祭り」に行って来ました

このかえる祭りは,同町内にある「吉水園」のマスコットである
モリアオガエル(カエル)をテーマにした催し物で
ステージや周辺施設で色々なイベントを開催されています

毎年,町民の方が出店を出していて
にぎやかにやっています
DSC03044.jpg

催し物の中には,スタンプラリーもあり
今回も参加して来ました

道中の道路に設置されているマンホールには,
カエルの絵が描かれていました
DSC03046.jpg

スタンプラリーの道中には
「吉水園(よしみずえん)」にも立ち寄るようになっています。
入園料は大人200円/人(中学生以下無料
期間限定で公開されています
DSC03047.jpg

この庭園は江戸時代中期に作られた美しい庭園で,
園内には吉水亭、薬師堂など調和よく配置されています
ヒンヤリして新緑に囲まれていて,なんか癒されました
DSC03076.jpg

そしてこの庭園には,
モリアオガエル(県天然記念物)が生息している
DSC03056.jpg

このモリアオガエルは,木の枝に泡状の卵を産みつけており
これを昔から「延命の小袋」として珍重されています
DSC03055.jpg

泡状の卵を産みつけられた木の枝の下には
孵化した後のオタマジャクシが落下しても生息できるように
水辺が広がっている
DSC03052.jpg

以前に家の近くで同じようなカエルを発見したことがあったが
シュレーゲルアオガエルであった(黒目の縁取りの色が違っていた)
以前の記事
http://seiji197004.blog.fc2.com/blog-entry-3.html
DSC03062.jpg

そしてスタンプラリーも終わり
メイン会場に戻ってくると,誰かが歌っている

カラオケ大会でも始まったかと思った・・・が,
素人にしては上手いなあと思っていると

嫁さんが「あれ大ちゃんじゃない」と言う
DSC03083.jpg

よく見ると「大ちゃんの釣りに行こう!」でお馴染みの
岡田大輔さんが歌っているではないか
あんた,こんなところで何してるのって感じで・・・
大ちゃんの釣りに行こう!

釣り番組だけではないのか・・・
営業活動なのかCD販売していましたよ
DSC03097.jpg

歌,上手かったですよ
DSC03094.jpg

家族サービスで,ある人の意外な一面を生で見ることができ
少しラッキーな一日でした

いつも応援ありがとうございます。
釣りネタ,書けてませんが
ひきつづき応援のポチっをお願いしますm(_ _)m
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

むっちょこウータン

Author:むっちょこウータン
性別♂
生年月日:1970年式
血液型:A型
広島県在住

ご訪問ありがとうございます♪   むっちょこの釣り日誌にようこそ! オフショアは安芸灘,伊予灘で♪ ショアは,とびしま方面で遊んでます♪
↓1日1回の応援クリックお願いします
QR

ジオターゲティング